ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

春の湯(江東区)

地下鉄都営新宿線東大島(ひがしおおじま)」駅から徒歩10分内にある江東区(江東16番)の公衆浴場「春の湯」にいきました。

f:id:iwata2052:20170424103033j:plain

f:id:iwata2052:20170424103131j:plain

 

f:id:iwata2052:20170425084244j:plain

この銭湯の向かいは公園になっていてかつては小学校があったようである。公園から銭湯をみるとその背景に「スカイツリー」がみえました。

f:id:iwata2052:20170424103118j:plain

f:id:iwata2052:20170425084202j:plain


15時20分から開店で、私は16時前に入店。

f:id:iwata2052:20170424103851j:plain

 

f:id:iwata2052:20170425084006j:plain

番台式で女将にお遍路帳にスタンプをもらい脱衣所にはいると、一番風呂を狙った数人の客はもう浴室から出てきました。浴室にはいると、私を含め4人だけ。
浴室入口右手に立ちシャワーで、固定式のシャワーでなくホースシャワーでした。カランは島カラン合わせて7-5-5-5 。 久々にみる白いケロリン桶。浴槽は個々2人位入れる大きさで3槽あり、バブル、マイクロバブル(座湯)、代わり湯でした。代わり湯はレモン湯で入浴剤でなく本物のレモンをぶつ切りにして洗濯ネットに入れてありました。開店間もないのでレモンのいい香りがしてきました。お湯の温度は温度計が48℃を示していましたが、実質43℃位の感じでした。レモン湯のほうは40℃を温度計が示してましたがそのくらいの熱さでながくはいっていられる感じでした。

壁絵は無いのですが、湯船の上にあるタイルにプリント絵でヤシの木?が小さくいくつか描かれていました。
脱衣所は休憩所でもあるためまん中の低いロッカーの上にシャンプーやタオル等の入浴用品、ドリンクとアイスケースも置いてありました。アイスは120円とコンビニで買うよりやすいので入浴後に購入して縁側で食べる。縁側はツツジと桜の木があり、丁度桜は満開に。ツツジもいくつか花をつけてました。長椅子と灰皿がありました。ここが喫煙所か。

f:id:iwata2052:20170424103258j:plain

f:id:iwata2052:20170424103312j:plain

またトイレもここにあり水洗ですが流す時、鎖を引くレトロな方式でした。

東大島駅は地下鉄ながら川をまたいでいる地上の駅で特徴的でとても興味もありましたので訪問した次第です。

f:id:iwata2052:20170424103341j:plain

※春の湯情報※

住所: 〒136-0072 江東区大島7−25−14

電話:03-5626-1830

営業:15:20−23:00 

休業:月曜日

アクセス:都営新宿線東大島」駅下車、徒歩7分