ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

新湯(長野県諏訪郡)

2017年(平成29年5月27日(土)

JR中央線「下諏訪」駅から徒歩15分位にある公衆浴場「新湯」にいきました。

f:id:iwata2052:20170524110448j:plain

f:id:iwata2052:20170524105916j:plain

諏訪郡の公衆浴場料金は一律ではありませんがここは230円。フロント式。

f:id:iwata2052:20170524110148j:plain

 

浴室脱衣所は狭いですが天井が高いのが特徴か。

カランはL字状に6つ。すべてホースシャワーが設置。浴槽は膿盆のような形。ライオンの湯出口。白樺湖からの富士山のタイル絵。今日はとても暑いのに湯船のお湯も熱い。。44℃以上ありそう。カランの蛇口およびシャワーはすべてお湯しか出ないので、唯一飲料水とかいてある蛇口からは水なのでそこから水を桶に貯めて頭上からかぶること数回。でも体の火照りはとれないので結局2回湯船に入って浴室から出ました。汗の引くのを待ってフロントで牛乳購入。乳脂肪4.4なので濃厚で110円とお奨めです。

f:id:iwata2052:20170524110554j:plain

※新湯(しんゆ)詳細情報

住所:長野県諏訪郡下諏訪町3154-3

TEL0266-26-7332

営業時間:5時30分から22時00分まで(最終受付 21時30分)

定休日:年中無休

交通情報:JR中央本線下諏訪駅から徒歩約15分

昭和2年に開湯した下諏訪町では比較的新しい浴場。わずかに塩味を有し、豊富な成分のお湯がリューマチや神経痛によく効くため、女性客に人気です。