ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

宇田川湯(世田谷4番)

世田谷区公衆浴場「宇田川湯」へ行きました。

京王井の頭線「新代田」駅から徒歩10分位。

f:id:iwata2052:20170605163807j:plain

f:id:iwata2052:20170605163912j:plain

薪(廃材)でお湯を沸かしています。

f:id:iwata2052:20170606180440j:plain

f:id:iwata2052:20170605165030j:plain

f:id:iwata2052:20170605164015j:plain

f:id:iwata2052:20170605164106j:plain

f:id:iwata2052:20170605164833j:plain

f:id:iwata2052:20170605165150j:plain


番台式。浴室は2015年ごろ内装されたよう?
その理由が、壁のペンキ絵。ナカジマ、マチダとサイン
され、日付けが2015年6月8日でした。
赤富士の絵ですが(今の富士山は「黄金富士」(こがねふじ)と呼ばれています。)

空にジェット機が飛び、湖は汽船のほか
アベックがボートを漕いでいる様子も描かれており
中島絵師(80歳代)と町田絵師(30歳代)の世代間の合作はおもしろい。

二人の合作の現物は初めて見ました。

(実際は中島氏の絵に町田氏がジェット機とボートを描いたようです)
ヨットの排水溝。
立ちシャワーはお湯のみ。
カランは8-(2ー2)ー4の16
浴槽は2で大きい湯船は縦に長く浴室入口に近いほうが丸みを帯びています。

こちらが普通湯と書いてありましたが温度計が示す通り44℃と熱く小さい浴槽は熱湯と変わらない温度でした。小さいほうの湯船は座湯とボディーマッサージ湯。

お湯の色は紫根湯と同じ色してました。
この近くに住んでいるおじいさんがこの銭湯がなくなったら明大前に1件あるが杉並区の銭湯のほうにいかねばならないと言ってました。

世田谷には他にたくさん公衆浴場があるのになぜか。杉並区のほうが行きやすいのか?そこまでは聞きませんでしたが。。

※宇田川湯詳細情報※

お遍路番号 世田谷 4
住所 〒156-0042
世田谷区羽根木1−14−11
電話番号 03-3328-2574
公式ページ
アクセス 京王線代田橋」駅下車、徒歩5分
休日 月曜
営業時間 16:00−24:30

追伸:京王線井の頭線が一日乗り放題の切符が900円で発売されています。

渋谷から吉祥寺までの移動や観光にも便利です