ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

寿湯(目黒区4番)

東急東横線「祐天寺」から徒歩10分内にある目黒区の公衆浴場「寿湯」にいきました。

f:id:iwata2052:20170612080730j:plain

f:id:iwata2052:20170612080952j:plain

f:id:iwata2052:20170612081030j:plain

14時40分に開店で私は15時前に入店。

f:id:iwata2052:20170612081311j:plain

f:id:iwata2052:20170612081417j:plain

f:id:iwata2052:20170612081722j:plain


番台に近いフロント式(番台からは見えない形式)
若女将。
開店したばかりなので私含め5名とすいていました。
天井が高く格子状。

f:id:iwata2052:20170612102044j:plain

f:id:iwata2052:20170612081844j:plain

f:id:iwata2052:20170612101835j:plain


浴槽入り口は広く硝子張りで、裸婦と熱帯魚の絵が白のモノトーンで描かれてました。
浴室は、立ちシャワー1つ(シャワーはお湯と水が出るシャワーが分断されてありました)カランは島カラン合わせて25(6-6・6-7)で島カランはシャワーなし。
浴槽が小さく座湯、寝湯そしてバブル泡風呂が二人用で6名しか入れませんが「明石の湯(岡山県で採掘された鉱石)」が特徴的。
壁絵はありませんが泡風呂側の壁が水槽になっており、3匹のメタボな錦鯉が泳いでいました。
また男女の浴室の仕切り壁のカランシャワー上部のあいている直径10センチ四方のタイルで敷き詰められた壁に、背景は低山と森で囲まれた村の風景で沼のほとりで咲くかきつばたや藁葺き屋根の家や水車が描かれた今の時期の絵でした。泡風呂からのながめは全面タイル画が見え、その向かいは鯉の水槽が間近に見れるのでのでぬる湯ということもありだいぶ長く入浴しました。ちょうど膝痛
だったから療養のため結局1時間くらいいました。
この銭湯の裏手にまわると遊歩道の「蛇崩川緑道(じゃくずれがわりょくどう)」があり

f:id:iwata2052:20170612103103j:plain

f:id:iwata2052:20170612102227j:plain

これが世田谷区までつながっていてどこまでつながっているか歩くこと1時間。結局5km歩ってしまった(世田谷区教育会館前までが終点)。f:id:iwata2052:20170612102701j:plain
かえりは東急田園都市線桜新町駅サザエさんの街のある駅)から帰宅。

※寿湯詳細※

お遍路番号 目黒 4
住所 〒153-0051
目黒区上目黒5−27−18
電話番号 03-3713-3019
公式ページ  
アクセス 東急東横線「祐天寺」駅下車、徒歩9分
休日 木曜
祝日は翌日休
営業時間 14:50−23:30