ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

新柳湯(荒川41番)2017年7月30日閉店

平成29年7月8日(土)

東京メトロ日比谷線入谷駅の入谷(台東区)の朝顔市(最終日:6日~8日)にいった後、同日比谷線「南千住」駅から徒歩5分位にある荒川区の公衆浴場「 新柳湯」にいきました。

f:id:iwata2052:20170710100501j:plain

f:id:iwata2052:20170710095535j:plain

f:id:iwata2052:20170710101103j:plain

f:id:iwata2052:20170710101411j:plain

 

今月末で閉店の張り紙。。

f:id:iwata2052:20170710100054j:plain

f:id:iwata2052:20170710100348j:plain

番台式。ご主人。15時前に入店しましたが暑さの影響か、男湯ほうは浴室には誰もいませんでした。脱衣所は天井から大きなプロペラの扇風機がまわっていました。

f:id:iwata2052:20170710100147j:plain

ご主人にお遍路帳にスタンプをもらう。

f:id:iwata2052:20170710101730j:plain

ロッカーの上に綿棒やクリーム、シェービングフォームありました。シャンプー、ボディーソープ、石鹸も脱衣所ロッカーの上にあり必要な方は浴室に持っていい方式。

f:id:iwata2052:20170710101154j:plain

f:id:iwata2052:20170710101537j:plain


脱衣所、浴室共に年期が入り渋味をもった昭和の面影を残しております。浴槽は1つで4つのバイブラ。カランは島カラン合わせて20(7-4ー4-5)で島カランにシャワーなしとシンプル。

壁絵は直径1cm四方のタイルを使った絵で壁に凸があるタイル絵は久々観ました。湖の畔に赤い屋根の農場のような家が建っていて、白樺の木、背景が尖った山脈が連なり雪を被っている山も見られるタイル画で上部はくすんで渋味をもっていました。

f:id:iwata2052:20170710100851j:plain

※銭湯マップのサイトからシェアしました。

お湯が43℃と少し熱いが薪で湧かしているのでなめらかでいいお湯でした。44年間ご苦労様でした。

f:id:iwata2052:20170710095711j:plain

※新柳湯詳細※

お遍路番号 荒川 41
住所 〒116-0003
荒川区南千住5−40−8
電話番号 03-3801-5353
公式ページ
アクセス JR常磐線「南千住」駅下車、徒歩3分
休日 月曜
営業時間 12:00−23:30

※お電話は営業時間内にお願い致します。