ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

矢部の湯(横浜市戸塚区)平成29年9月30日閉店

平成29年9月23日(秋分の日)来店f:id:iwata2052:20170925110134j:plain

JR戸塚駅東口から徒歩5分内にある戸塚区唯一の公衆浴場「矢部の湯」が今月末で閉店との情報が入り赴きました(14時半来店:14時から開店)。

f:id:iwata2052:20170925110226j:plain


番台式。女将。格天井。

脱衣所は貴重品を入れる下足箱と同じ型のがありました。
レトロな椅子マッサージ機。 学校の教室にある椅子。

f:id:iwata2052:20170925111640j:plain

f:id:iwata2052:20170925111828j:plain

※上記写真は戸塚新聞社からのものです


浴室はカランは(島カラン2)合わせて8-(5‐5)‐(5‐5)-8の36。島カランはシャワーなし。ホースシャワー1であとは固定式。
浴槽は3つで深い湯船、バイブラ、替わり湯(じっこう湯)。

f:id:iwata2052:20170925110257j:plain


天井は高く天窓あり明るい。
壁絵は劣化はあるものの遠くからみれば山麓から見た富士山は渋く立派に見えました。

f:id:iwata2052:20170925111411j:plain

※上記写真は戸塚新聞社からのものです。


男女湯仕切り壁に直径20センチ四方のタイル24枚(縦4横6)を使った絵が4つありました。
4つのタイル絵は浴室入口近い所から、伊豆下田市の港と町並みの絵。
続いて、源義経?が鎧を武装して相手の木のこぎ舟にいる武装兵めがけて飛んでいる様子の絵。
続いて冬の庭園に雪が積もり池に鴨が4羽いて泳いでいるものや餌をとるため頭を池の中に突っ込んでいるものなど鴨もそれぞれの羽根の色も違い、描写が細かく描かれていました。
この三枚のタイル絵に「光山」の絵師のサインがありました。
そして浴槽脇のタイル画は松島の名所「不老山」 の絵でサインがあるものの綴り字で分かりません(近藤樵仙(こんどうしょうせん)の絵だそうです)

f:id:iwata2052:20170925111526j:plain

※上記写真は戸塚新聞社からのものです

お湯の温度は全体的に熱湯(44~45℃位)のため長くは入れませんでしたが、じっこう湯がややぬるめ(42~43℃位)でタイル画を眺める位の時間はいることが出来ました。

戸塚区も創業から56年たった(もともと大正時代からの創業)最後の公衆浴場がなくなるとあって常連さんたちは悲しんでました。残念です。。

※矢部の湯詳細※

矢部の湯
住所:横浜市戸塚区矢部町4
電話:045-881-6954
営業時間:14:00〜23:00
定休日:月曜日