ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

千代の湯(中野区)

平成29年11月5日(日)来店

f:id:iwata2052:20171110110336j:plain

JR中野駅から徒歩15分(途中遊歩道あり)位にある中野区公衆浴場。

f:id:iwata2052:20171110110451j:plain

千鳥破風造り建築。

f:id:iwata2052:20171110110521j:plain

番台式。女将。帰りはご主人。

脱衣所は、正確に動く柱時計。旧式マッサージ機2つ。コイン自動洗濯機1台。

ドリンクおよびシャンプー等浴場で使うグッズの販売ケースあり。

ロッカーは大小あり中段には物が置ける台あり。藤の脱衣かご。

エンジのレトロな体重計。

浴室には立ちシャワー2ですが一つは水シャワー、もう一つはお湯シャワー。

カランは島カラン合わせ20。

シャンプーボディーソープ完備。

浴室入口右手側に遠赤外線サウナ(4人用)あるが、通常のサウナ室違い、

プレハブ小屋のようなつくりで中は天井近くに電気ストーブがつけてあり

椅子が4つ(2・2)置かれていました。入ったときは全く暑さを感じませんが

長く入っているとじんわり汗がでてきます。物覚えにふけりたい方はおすすめかも。

浴槽は2つでともに変わり湯(森林浴であいいろのお湯でした)

大きい湯船にバイブラとジェット。バイブラ近くの湯船の側面に遠赤外線。

壁絵は西伊豆からの富士山で帆船2と岩礁てっぺんに赤い鳥居ともう一つの岩礁へと綱が伸びている絵。23.12.24と記されていました。

※千代の湯詳細

お遍路番号 中野 24
住所 〒164-0011
中野区中央3−16−12
電話番号 03-3369-2997
公式ページ  
アクセス 中央線「中野」駅よりバス。「紅葉山公園下」下車、徒歩2分
休日 土曜
営業時間 15:45−24:00

(追)中野駅から千代の湯へ向かう遊歩道の通りに昔話の話の絵(かぐや姫、浦島太郎桃太郎等)が描かれています。それをみながらあるいていると退屈せず行けます。

f:id:iwata2052:20171110112901j:plain