ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

梅の湯(荒川区)

f:id:iwata2052:20180104175307j:plain

元旦に開店していた荒川区公衆浴場「梅の湯」にいきました。

JR「田端」駅から徒歩15分位。

ビル型銭湯。15時半来店。

二階にあがるとフロントが。
若旦那。帰りは女将と若女将。

お正月は朝からやっていることからこの時間帯は比較的空いてました。といってもあまりにロッカーは空いていませんでしたが。
浴室は入口に扇形のかけ湯の場所あり。

立ちシャワー1。乾式サウナ(4~5名位入れる大きさで無料)、カランは19、シャンプーボディーソープ完備。

浴槽は入口左にL字状に延びています。水風呂(2~3人位)高濃度水素風呂(子供プール並みの広さでお湯の温度が40℃)ジェット寝湯2(水枕あり)スーパージェットバス、替わり湯(純米酒入り)で露天風呂の入口がありました。

f:id:iwata2052:20180104175506j:plain

上記写真は銭湯マップサイトからのものです。

露天風呂は二つに別れ1つは円形でバブル湯、もう1つは寝湯2と普通湯が合わさった長方形の大きさでお湯の温度が42℃ありました。人気はサウナで常に満員。しかし高濃度水素風呂や露天風呂はいつでも入れるくらい人はいませんでした。

f:id:iwata2052:20180104175421j:plain

上記写真は銭湯マップサイトからのものです。

私は筋肉痛を癒すため高濃度水素風呂と水風呂の交互浴を何回かして約1時間くらい浴室にいました。その後休憩室で歴史が古い炭酸ソーダ「ダイヤレモン」を。あまり外では売られていません。ラムネのように特殊な栓抜きであけます。それを200円で購入。そぼくな味でのどの渇きを潤しました。

f:id:iwata2052:20180104180055j:plain

柚子いり富士山ソーダもありそちらも飲みたかったが次回の楽しみに。

また青森県産の長いもが売られていたので大きいので250円と安かったので購入。おまけもしてもらいました。

※梅の湯詳細

お遍路番号 荒川 3
住所 〒116-0011
荒川区西尾久4−13−2
電話番号 03-3893-1695
公式ページ
アクセス 山手線「田端」駅より徒歩15分
都電荒川線「小台」駅より徒歩6分
休日 月曜
営業時間 15:00−25:00

f:id:iwata2052:20180104180234j:plain