ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

子宝湯(荒川区)

f:id:iwata2052:20180205112925j:plain

東京メトロ千代田線「町屋駅」から徒歩6分位にある荒川区公衆浴場「子宝湯」にいきました。

屋号は見当たらないが煙突にありました。f:id:iwata2052:20180205112632j:plain

番台式。ご主人。格天井。男女脱衣所の通路扉にひょうたんの絵の暖簾。デスクゲーム機。

デスクゲーム機を改造したテーブル。長椅子や椅子。レトロ体重計にマッサージ座椅子。

島ロッカーの上に扇風機二台とシャンプー石鹸の入った販売用のガラスケース。

サンキストの字とマークが入った冷蔵ドリンクケース。

浴室入口付近にコイン自動洗濯機3台ありました。

浴室は、立ちシャワー2(左右の壁)カランは島カラン合わせて20。湯船は3槽に区切られ、バイブラの深湯(やや熱湯43~44℃位)、電気湯とジェット湯2、普通バイブラ(41~42℃位でややぬるめ)でした。

壁絵はペンキ絵で湯船上1m位は掠れて殆ど見えなくなっていましたが、川の両側にそびえる岩礁でその頂きは緑の草木か竹林のようにも見え所々に松の木が生えている様子と天井近くは青空で岩礁にかかるように雲が描かれただ雲を描いているだけでなく、一部の地域に天候が悪化する様子を描いた雲でとても細やかな絵で故早川絵師が描いた絵だということが新荒川図書館で開いているとしぞうはんこ展に行ってわかりました。

f:id:iwata2052:20180205113027j:plain

恵那峡を描いたものだそうです。又男女仕切り壁には直径1cm四方のタイルを使った絵があり、湖にはヨットが水平線近くに浮かんでいて湖畔は牧草地で翼を広げた碑が。牧場やオレンジと赤色の屋根の家や塔が。それを囲むように緑の低山が連なり更にその背景には頂に雪をかぶった尖った山脈が赤く染まっている絵でした。17時頃入店しましたが、客は程ほどで、ゆったりでき電気風呂で足裏を時間かけてマッサージできました。浴室からあがって牛乳110円で飲んでから出ました。

※子宝湯詳細

お遍路番号 荒川 13
住所 〒116-0001
荒川区町屋3−9−7
電話番号 03-3895-7620
公式ページ
アクセス 東京メトロ千代田線「町屋」駅下車、徒歩6分
休日 月曜
営業時間 15:00−24:00

 

f:id:iwata2052:20180205113130j:plain