ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

遊湯 記念湯(横浜市西区戸部)

f:id:iwata2052:20180412111001j:plain

相鉄線平沼橋駅」から徒歩10分位(京急戸部駅から徒歩5分位)にある、横浜市西区の公衆浴場「記念湯」に行きました。
麻雀場と共同経営。

f:id:iwata2052:20180412111023j:plain

f:id:iwata2052:20180412111106j:plain


フロント式。女将。帰りはご主人。
下足鍵とロッカーの鍵を交換する方式。
脱衣所は織りあげ格天井。大きな和服の女性の絵が天井近くから飾られていました。

f:id:iwata2052:20180412111131j:plain


ロッカーは中と大(バックパックが入る大きさ)あり。
浴室入口付近に固定された格子状の木の長椅子あり。
浴室は、入って右手に、乾式サウナ(有料)立ちシャワー(お湯の取手が外れていて水シャワーのみの使用)日替り薬湯(高い仕切りありで本日はじっこう)
主浴槽と続きます。主浴槽は、普通湯(1人)ジェット座湯(長い水枕あり)2、ショルダーマッサージ湯(両肩からのお湯が出てませんでした)エステジェットバス2、強力バイブラがありちょうどその上にジャングルジムのような手すりがありぶら下がり健康器具のようなものがありバイブラに浸りながら背筋を伸ばすことができ利用者が結構いました。お湯の温度は、42℃位で薬湯が43~44℃位とやや熱く感じました。
入口左手に水風呂(2~3人)そしてカランと続きます。
カランの数は島カランあわせて22(8-77)。カランの上にステンレスの格子台がありそこにケロリン桶が置いてありました。
壁絵はモザイクタイル絵で横浜の波止場で海岸の異人館通りの様子が描かれた絵で男性はチョンマゲやそうでない人が。女性は着物姿~洋風の長いスカートをはいた人まで様々いることから明治維新の頃と思われます。波止場の通りに馬車が通り色々な国の旗が建っている建物。

f:id:iwata2052:20180412111330j:plain

上記写真は記念湯サイトからのものです

波止場は観光客がカップルや望遠鏡を覗いている女性や何か探している男性。警官と話している人。うねりがある海には帆船が。観光客らしい人を何人か乗せているので観光船かもしれません。空が水平線近くはオレンジ色で上空高くは青空で日が沈んでいく様子も詳細に描かれていて見ていて飽きないタイル絵でした。16時半過ぎに入店。結構客はいましたが混雑までに至らずゆったりできました。

※記念湯詳細

住所:神奈川県横浜市西区戸部本町45-4  髭内ビル

営業時間 15:00 ~ 24:00

定休日  祝日の場合も含め、毎週月曜日

問い合わせ電話   045-322-6244

交通

① 京急線戸部駅より徒歩2分
② 相鉄線 平沼橋駅より徒歩8分
③ 横浜市営地下鉄ブルーライン 高島町駅より徒歩8分