ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

久米川湯(東京都東村山市)

f:id:iwata2052:20180510170022j:plain

西武新宿線久米川駅」から徒歩15分位にある東京都東村山市公衆浴場「久米川湯」へ行きました。志村けんの故郷でもあった、東村山市は初めて伺いました。 
久米川湯の場所はベッドタウンともいうべきマンション群の近くというか隣にありかなりギャップを感じさせる風情です。

f:id:iwata2052:20180510170124j:plain

f:id:iwata2052:20180510170154j:plain

15時半開店間もなく入店。
フロント式。丁寧な挨拶の若女将さん。昭和中期のマッサージ機と高性能マッサージ機(故障中)レトロ体重計。ドライヤー無料。
浴室は入口左端に立ちシャワー2(仕切り無し)そのとなり中央に水風呂(4~5人)
カランは島カランあわせて18(7665)
シャンプーボディーソープ完備。
浴槽は3つに仕切られ、普通湯、ジェット座湯2(長い水枕あり)深湯があり、5月5日は東京都公衆浴場は菖蒲湯でして主浴槽と深湯にビニール紐で括られた菖蒲の葉の束が入れてありました。お湯の温度は41~42℃。煙突がありますが今はガスに切り替えられていました。
壁絵は平成21年8月に描かれた本栖湖からの富士山のペンキ絵でした。ペンキの剥がれ等傷みは全体にありますが遠くから観るとあまり気にならないでした。誰が描いたかは不明。
男女仕切り壁に直径1cm四方のタイルを使った北方地方の絵で背景が切り立った雪山脈で、凹凸ある湖にはやや三日月型の帆を張るヨットが何隻か浮かんで、その畔は教会、屋根の中心にやや大きめの四角柱の煙突のある二階建ての煉瓦の家。その周囲は森になっているタイル画で見ごたえがありました。
帰りの挨拶をすると、「おきをつけて」と丁寧な返事が帰ってきました。
銭湯向かいが川沿いの(枯れ川でした)歩道でランニングしてる人も多いことからランナー御用達の銭湯でもあります(荷物一時預かりOK)。★5月5日(土)訪問

※久米川湯詳細

お遍路番号 東村山市 1
住所 〒189-0014
東村山市本町4−19−11
電話番号 042-391-2939
公式ページ  
アクセス 西武新宿線「久米川」駅下車、徒歩10分
休日 水曜
営業時間 15:30−23:00