ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

栄湯(東京都小平市小川)

f:id:iwata2052:20180531094950j:plain

西武国分寺線「小川」駅から徒歩5分。線路沿いにある小平市の公衆浴場「栄湯」に行きました(平成30年5月27日来店)。

16時前入店。番台式。ご主人。

f:id:iwata2052:20180531095033j:plain


脱衣所兼休憩所に白いベンチ。年期がはいった丸いテーブルと椅子。コイン自動洗濯機。
ニスで光る木の廊下。トイレの戸は昔ながらの木の引き戸。浴室入口中央にメタルパープル色のレトロ体重計。浴室入口天井近くのガラス窓8枚各々に裸婦や海中の魚や貝類や海藻が白のモノトーンで描かれていました。
立ちシャワー1。水もお湯もあまり出ませんでした。カランは島カランあわせて21で男女仕切り壁側は横に仕切あり。カランの蛇口やシャワーの出るところが取れているのが目立ちました。

シャンプーボディソープ完備。
浴槽は深湯、ミクロバイブラ(普通湯になってました)ジェット座湯2(長い水枕あり)お湯の温度は42℃で薪で沸かしているので柔らかくとても良いお湯でした。

f:id:iwata2052:20180531095319j:plain


壁絵は瀬戸内海のペンキ絵で19.12.12と記されていることから既に10年位経っているためペンキの剥がれ等の劣化がかなり進んでいましたが空がかなり広くありそのペンキの剥がれは著しいのですが、絵のポイントのひとつであるである岩礁上の平屋の家辺りは劣化があまりありませんでした。
作者不明。その絵の下から湯舟まではタイルで内装されていてそこだけ新しく、彫刻タイルと20cm四方のタイル4枚に描かれた花の咲いた木にとまる小鳥(モズか?)2羽ともうひとつは薄紫色のバラ系の花が描かれていました。
浴室には、客は私含め4人で障害者一歩手前のお年寄りの方たちが入浴してました。入浴後 、冷蔵ガラスケースに4本ある牛乳120円を飲みながら男女仕切り壁上のテレビで相撲観戦しました。

お遍路番号 小平市 1
住所 〒187-0035
小平市小川西町3−26−4
電話番号 042-341-0418
公式ページ  
アクセス 西武国分寺線「小川」駅下車、徒歩4分
休日 水曜
営業時間 15:30−23:00

f:id:iwata2052:20180531104935j:plain