ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

旭湯(相模原市)

f:id:iwata2052:20181211100826j:plain


小田急小田原線相模大野駅北口から線路沿いに小田原方面に歩いて約1km位にある相模原市公衆浴場「旭湯」に行きました。マンション型銭湯。隣がケーキ屋さん。

16時過ぎ来店。銭湯入口前がランドリー。暖簾は女湯しかなく男湯はどこにあるか一瞬迷う😥

f:id:iwata2052:20181211100945j:plain


番台式。女将。

f:id:iwata2052:20181211101326j:plain

浴室入口天井近くは黄色と赤の花柄のステンドグラス。
立ちシャワー(固定式で蛇口はレバーでお湯のみ)カランは島カランあわせて26で島カランは低くシャワー無しで石鹸置く所にケロリンおけが山積みされ、低いはの生い茂った観葉植物の鉢植えが1つ置かれていました。
浴槽は1つでバイブラと深湯に仕切られて外壁がタイル張りで鯉の絵が描かれておりました。
お湯の温度は44~46℃位。壁絵は直径1cm四方のタイルを使った雪がやや多く積もった富士山の絵で湖の畔に松と木の漕ぎ舟が置かれている風景画で長い灰色の雲の隙間からの空が赤く染まっていることから日ので前か日没後の絵と思います。また男女仕切りの上辺りから見える女湯側のタイル絵は錦鯉や真鯉の絵が見えました。男女仕切り壁にも同様のタイルを使った絵があり、湖に白の帆舟や朱色の⛩️がありそれとは反対側に扇型のアーチの長い鉄橋がかかっており端にはお城が遠慮がちに見えていました。。背景は緑の低山。浴室が寒かったので湯気が結構立ち込め
壁絵がはっきりしませんでしたが17時過ぎに浴室は誰もいなくなると湯気が消えてきて壁絵のタイル絵をじっくり観賞することが出来ました。

※旭湯詳細

住所 〒228-0804  相模原市旭町24-30
電話 042-745-3746
営業時間 16:00〜22:00
定休日 毎週水曜日

f:id:iwata2052:20181211101448j:plain