ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

恵美須湯(茅ヶ崎市南湖)

f:id:iwata2052:20190617105725j:plain

JR茅ヶ崎駅から1.7km位にある公衆浴場「恵美須湯」18時半過ぎ来店。
番台式。女将。脱衣所は織上げ格天井。藤の脱衣かご。木製ロッカー。
浴室は、カランは島カランあわせて18(5-4/4-5)島カランはシャワー無し。
浴槽はジェット座湯2(水枕あり)と普通湯と深湯。お湯の温度は45~46度と水で埋めなくては入れない熱さ。薪で沸かしているので軟らかなお湯でして慣れるとなんとか入れました。
壁絵は平成23年5月に描かれた富士山のペンキ絵。(おそらく丸山絵師)
ペンキ絵下に金魚と鯉のタイル画。
更に男女仕切り壁に4つのタイル画。
雑木林に囲まれた青池でその畔に藤棚がある絵。
海岸入江に松の生えた岩礁と岸近くの波の無い海に浮かんでいる帆舟と岩礁崖の上の灯台の絵。
金太郎が熊に乗って動物たちと丸太1本掛かっている崖との間を渡りきった様子が描かれている絵。
おそらく北海道の三大秘湖だと思う?が東雲湖の絵。
これら壁絵見ているだけでも来店した価値がありました。
茅ヶ崎では唯一の公衆浴場。客は私含め3名でしたが長く続けてほしいです。

※恵美須湯詳細

住所 〒253-0061  茅ヶ崎市南湖4-2-1
営業時間 16:00〜20:30
定休日 毎週火曜日

JR茅ヶ崎駅から徒歩20分。少々熱めのお湯です。薬湯は10月中旬~4月上旬で実施しています。期間は若干前後します。駐車スペースは3台。場所は必ず番台にてご確認をお願いします。

f:id:iwata2052:20190617110507j:plain