ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

富士の湯(鶴見区矢向)


f:id:iwata2052:20191004185807j:image

JR南武線矢向駅」から徒歩10分位にある。

フロント式。若女将。帰りは女将。

この公衆浴場は黒湯♨️温泉で内風呂1浴槽と露天風呂が黒湯♨️で水風呂も黒湯冷鉱泉である。お湯の温度も40~42度ととても入りやすく柔らかなお湯でした。

壁には屋号通りの富士山のタイル画(初春の富士山と湖)があり冷鉱泉の湯船からゆっくり眺めながら火照った身体をクールダウンできます。また露天風呂の壁にも広い川と低い滝と滝壺のペンキ絵が薄くはなってましたが描かれていました。露天には打たせ湯もあります。16時過ぎに来店しましたがこのときは比較的空いていたので黒湯と冷鉱泉の交互浴をしてゆったりはいれ身体を癒すことが出来ました。
f:id:iwata2052:20191004191527j:image
f:id:iwata2052:20191004191545j:image

✳️富士の湯詳細

住所

神奈川県横浜市鶴見区矢向3丁目28−12

営業時間

14時~24時(月曜日定休日)

電話

045-581-0333