ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

松の湯(新宿区山吹町)平成29年1月14日閉店

f:id:iwata2052:20180116173021j:plain

東京メトロ有楽町線江戸川橋」駅から徒歩10分位にあります。

年末前に新宿区公衆浴場ハーブ総選挙に参加しましたので再訪問。f:id:iwata2052:20180116173929j:plain

フロント式。ご主人。帰りは若旦那。

f:id:iwata2052:20180116173608j:plain

下足札とロッカーの鍵を交換する方式。

浴室は立ちシャワー、サウナ(有料)露天風呂(4~5名)、薬湯、主浴槽はスーパージェットバス、ショルダーマッサージ2、強力バイブラ等が中央から奥まで伸びていました。

 

中央に球体石のお湯の噴出口が噴水のように上部に穴がありそこからチョロチョロお湯が出ていました。カランは15。

壁絵は裸婦3人が丘の芝の上で環をつくり片手に褐色の球体を持っているいかにも神秘的な絵で直径1cm四方のタイルを使って天井まで描かれた大きな絵で湯気が立ち込めると更に神秘性を持つように感じました。この壁絵も見納めです。

入店が18時半回っていたのと最後なので大盛況。カランはすべて埋まってましたが主浴槽と薬湯は比較的空いていたのでゆったり入れました。

とてもよい銭湯が又消えていく寂しさを噛み締めながら出ました。

f:id:iwata2052:20180116173503j:plain

※松の湯(山吹町)詳細

お遍路番号 新宿 29
住所 〒162-0801
新宿区山吹町16
電話番号 03-3268-6248
公式ページ
アクセス 東京メトロ有楽町線江戸川橋」駅下車、徒歩5分
休日 火曜
営業時間 15:00−24:00

f:id:iwata2052:20180116173325j:plain

喜楽湯(荒川区)

f:id:iwata2052:20180116161620j:plain

f:id:iwata2052:20180116163749j:plain

f:id:iwata2052:20180116163822j:plain

JR常磐線三河島」駅から徒歩5分位と駅に近い。

f:id:iwata2052:20180116163916j:plain

フロント式。女将。お遍路帳および荒川区スタンプラリー張にスタンプをお願いすると

「最近良いスタンプができたのよぅ♪猫が二匹入ってんのわかる?」ととても気に入っているようだ。「スタンプ造った人って猫好きかね?」とそんな会話をしながら脱衣所へ。

f:id:iwata2052:20180116164055j:plain

各天井 。縁側に灯篭あり。絵の額縁がいろいろありました。

f:id:iwata2052:20180116163715j:plain

浴室は立ちシャワー兼ボディーシャワーがあるがボディーシャワーのほうはほとんど機能していない。乾式サウナ(200円)。カランは28(6-7-8-7)

浴槽は、水風呂(2~3名入れる大きさ)、主浴槽にバイブラ、ジェット座湯(水枕あり)ショルダーマッサージ湯があり、ミスト森林浴の部屋がありましたがミストは止まっていて湯船(3~4名)があるのみ。壁の一部の格子に鉱石がはいっておりそこからお湯がでていました。

お湯の温度はおおむね41~42℃位。

壁絵は富士山のペンキ絵で描きかえられたばかりで新しかったです。

※喜楽湯詳細

お遍路番号 荒川 25
住所 〒116-0002
荒川区荒川3−59−11
電話番号 03-3805-2005
公式ページ
アクセス 常磐線三河島」駅下車、徒歩3分
休日 月曜
営業時間 15:00−24:00
(入店は23時半まで)

f:id:iwata2052:20180116163956j:plain

雲翠泉(うんすいせん)荒川区東日暮里

f:id:iwata2052:20180116155411j:plain


荒川区の雲翠泉にきました。

東京メトロ千代田線「西日暮里」駅から徒歩20分。JR常磐線

外観がシンプルなたたずまいのため寿湯から藤の湯へ行く間にあるのを見過ごしました。

f:id:iwata2052:20180116155511j:plain

f:id:iwata2052:20180116155702j:plain

中に入るととても広く感じます。
番台式。感じのよい女将。

浴室は湯船が中央の楕円形で二層にわかれています。

そして浴室右奥に替り薬湯(健美湯という漢方湯で褐色でした)があり富来浴場と構造が類似してました。
カランは昔ながらのシャワーなしの低いカラン(20位)と長い鏡。お湯の温度は44~46℃と熱いがやわらかなお湯でした。
壁絵はペンキ絵と男女仕切り壁の4つのタイル絵(直径20cm四方のタイル(4×8枚使用)で浴室入り口付近と奥の絵はすれがめだちますが、ろばに山積の荷をのせて川をわたっている様子の絵と奥が竹林と川で枯れた竹木を両天秤の籠にいれて運んでいる様子と中央が金閣寺と渓流を木の舟で渡っている様子が描かれています。

このタイル絵はなんでも昭和初期に丸谷焼の会社が販売していたとのことで、絵は違いますが10月に閉店した戸塚市の矢部の湯のと似てる感じがしました。綴り字で不確かですが「峯雲」と絵師の名前がありました。
ここでようやく故早川絵師の富士山のペンキ絵をみることができました。

富士山中腹の濃靑色の部分のはがれはあるものの全体的に新しい感じです。
富士山の力強さその中に厳しさも垣間見れる感じです。また丘陵の赤松が全体絵を引き締めている感じがあります。また端に山梨と早川氏のサインと平成二十年八月八日の記載があり10年近くも劣化が少なく残っているのもすごいと思います。その理由を考えてみるとここの浴室はシャワーがないのもありますがほとんど湯気がたちこまないことがペンキ絵の維持につながったのかも。と思いました。

※雲翠泉詳細

お遍路番号 荒川 27
住所 〒116-0014
荒川区東日暮里3−16−4
電話番号 03-3801-4126
公式ページ
アクセス 常磐線三河島」駅下車、徒歩5分
休日 水曜
営業時間 15:00−24:00

f:id:iwata2052:20180116160511j:plain

富来浴場(とぎよくじょう)荒川区西日暮里

平成30年1月6日(土)来店

f:id:iwata2052:20180109112820j:plain

西日暮里駅から徒歩5分位にある荒川区公衆浴場「富来浴場」にいきました。

f:id:iwata2052:20180109114251j:plain

フロント式。
女将。「スタンプは自分で押してください。」と言われオレンジ色のインクの判を押す。

浴室は中央に縦に楕円ぎみの浴槽がある。
湯船はジェットバスとバイブラ。右奥端に薬湯(2人用)で本日はリンゴ湯。
お湯の温度が42~3℃位。
カランは17。立ちシャワー1。
シャンプーボディーソープ完備。
壁絵のペンキ絵は既にないが(前は故早川氏の富士山の絵で波飛沫が豪快でした。)

男女仕切り壁に、直径1cm四方のタイルを使った絵がありました。

白樺の木、湖と帆船。湖のほとりには牧場や赤い屋根の家。背景はやや赤っぽい山頂に雪が見える山々が連なっている絵でした。
ここでも鎖を引っ張って水を流すトイレで玉の湯と同じでした。
休憩所にはテレビ、椅子、ソファがありソファのそばの棚に色紙が。「女囚セブン」の。

確か剛力彩芽?さんが出てたかな。ここがロケ地とは知りませんでした。

f:id:iwata2052:20180109112913j:plain


またアイスが何れでも100円と安くアイスクリンを購入して食べました。他のお客さんもドリンクよりアイス食べてました。色々種類あるからお薦めです。

お遍路番号 荒川 17
住所 〒116-0013
荒川区西日暮里4−22−10
電話番号 03-3828-0230
公式ページ
アクセス 山手線「西日暮里」駅下車、徒歩3分
休日 日曜
営業時間 15:30−24:00

 

※東京銭湯マップからの画像(今はありませんが故早川絵師のペンキ絵がみごとでした)f:id:iwata2052:20180109113716j:plain

玉の湯(荒川区)

2017年12月29日(金)来店

f:id:iwata2052:20180105175402j:plain

JR常磐線三河島」駅から徒歩10分内にある荒川区公衆浴場「玉の湯」にいきました。

番台式。女将。16時入店。番台に誰もいず。しばし待ったが留守なのでそのまま入る。

f:id:iwata2052:20180105175750j:plain


浴室は私入れて8名の客が。みんな私より年輩の方たち。ほどよい人数。
立ちシャワー1。
カランは島カラン合わせて24(6-6-6-6)。
温泉マークが入った白い桶。
浴槽はジェットバス3、ボディーバス1、ジェット座湯(水枕あり)1と小規模ですがお湯の温度が42~3℃で薪で湧かしているので柔らかく温まるお湯でした。
壁絵は中島絵師の中央が川と小さな滝左右に松がある岩礁と低山が。そして中央奥に雲海の上から赤富士が見えている絵で22.7.26 とサインと共に日付も入れられていました。やや年数たっているためペンキ絵の剥がれやひびもありました。
浴室出ると女将が戻ってきており、料金を支払いスタンプもお願いすると「目が悪いのでスタンプを正確に押せないから自分で押して」と。

f:id:iwata2052:20180105175844j:plain


番台はフロントより居心地も悪いし年を取ると座ってるだけでもかなりきついと思いました。
脱衣所兼休憩所には現役の柱時計クラシカルな木の椅子の他にテーブルやスプリングのきいた座椅子、レトロなマッサージ座椅子があります。又相撲の手形や貼絵も飾ってありました。
私が特に注目したのが和式トイレです。トイレの鍵が木製で水をためるタンクの表面は木で囲まれています。鎖を引いて水を流す方式。
これだけ見れただけでもラッキーでした。
昭和の面影を残す公衆浴場。続いてほしいです。

※玉の湯詳細

お遍路番号 荒川 31
住所 〒116-0014
荒川区東日暮里6−40−20
電話番号 03-3891-2626
公式ページ
アクセス 常磐線三河島」駅下車、徒歩5分
休日 月曜
営業時間 15:00−21:00

f:id:iwata2052:20180105175651j:plain

梅の湯(荒川区)

f:id:iwata2052:20180104175307j:plain

元旦に開店していた荒川区公衆浴場「梅の湯」にいきました。

JR「田端」駅から徒歩15分位。

ビル型銭湯。15時半来店。

二階にあがるとフロントが。
若旦那。帰りは女将と若女将。

お正月は朝からやっていることからこの時間帯は比較的空いてました。といってもあまりにロッカーは空いていませんでしたが。
浴室は入口に扇形のかけ湯の場所あり。

立ちシャワー1。乾式サウナ(4~5名位入れる大きさで無料)、カランは19、シャンプーボディーソープ完備。

浴槽は入口左にL字状に延びています。水風呂(2~3人位)高濃度水素風呂(子供プール並みの広さでお湯の温度が40℃)ジェット寝湯2(水枕あり)スーパージェットバス、替わり湯(純米酒入り)で露天風呂の入口がありました。

f:id:iwata2052:20180104175506j:plain

上記写真は銭湯マップサイトからのものです。

露天風呂は二つに別れ1つは円形でバブル湯、もう1つは寝湯2と普通湯が合わさった長方形の大きさでお湯の温度が42℃ありました。人気はサウナで常に満員。しかし高濃度水素風呂や露天風呂はいつでも入れるくらい人はいませんでした。

f:id:iwata2052:20180104175421j:plain

上記写真は銭湯マップサイトからのものです。

私は筋肉痛を癒すため高濃度水素風呂と水風呂の交互浴を何回かして約1時間くらい浴室にいました。その後休憩室で歴史が古い炭酸ソーダ「ダイヤレモン」を。あまり外では売られていません。ラムネのように特殊な栓抜きであけます。それを200円で購入。そぼくな味でのどの渇きを潤しました。

f:id:iwata2052:20180104180055j:plain

柚子いり富士山ソーダもありそちらも飲みたかったが次回の楽しみに。

また青森県産の長いもが売られていたので大きいので250円と安かったので購入。おまけもしてもらいました。

※梅の湯詳細

お遍路番号 荒川 3
住所 〒116-0011
荒川区西尾久4−13−2
電話番号 03-3893-1695
公式ページ
アクセス 山手線「田端」駅より徒歩15分
都電荒川線「小台」駅より徒歩6分
休日 月曜
営業時間 15:00−25:00

f:id:iwata2052:20180104180234j:plain

新越泉(中野区)

平成29年12月24日(日)来店

f:id:iwata2052:20171225153649j:plain

西武新宿線新井薬師前」駅から徒歩5分位にある中野区公衆浴場「新越泉」にいきました。

ビル型銭湯。カウンター式。女性スタッフ。

カウンター前の休憩所はホテルのロビーの様。

f:id:iwata2052:20171225153942j:plain

上記写真は銭湯サポーターからのものです
靴を抜いて地下へ降りるとようやく男湯の入口に到着。

脱衣所も広々しており、新型マッサージ機も100円とリーズナブルな料金で使用できるため使用する客が多い。
テレビ、ソファー、長椅子2ありました。

f:id:iwata2052:20171225154150j:plain


ロッカーも中型、大型あり、中型でも荷物は十分入る 大きさでした。
浴室も広く、浴槽も3つありましたが、水風呂4~6人位、大きな浴槽には電気マッサージ風呂(叩く、揉む、押す)バイブラ、ジェットバス2(水枕あり)ボディーバスがあり10名くらい入れる大きさ。替わり湯(ジャパンクリスマスローズの湯)で6~8名は入れる大きさでした。壁は石碑等に使われる暗い色のタイルで 天井近く~天井は白のモノトーンでした。

f:id:iwata2052:20171225154300j:plain

上記写真は銭湯サポーターサイトからのものです
立ちシャワー2(1つは固定式。もう1つはホースシャワー)

カランは島カラン合わせて24(4-5-5-5-5)
シャンプーボディーソープ完備。
電気マッサージ風呂が一番人気があると張り紙がしてありましたが私が入浴しているときは誰も入ろうとせず、お陰で充分利用でき疲労がある腕や足裏を集中的にマッサージ出来ました。


中野区スタンプラリー無料入浴はこれで終了し オリジナルタオル(湯っぽくんと中野区のゆるキャラクルトン中野のはいった)をもらいました。

f:id:iwata2052:20171225154529j:plain

※新越泉詳細

お遍路番号 中野 13
住所 〒165-0026
中野区新井5−17−2
電話番号 03-3386-4917
公式ページ  
アクセス 西武新宿線新井薬師前」駅下車、徒歩3分
休日 月曜
営業時間 15:00−24:00

 

f:id:iwata2052:20171225155456j:plain

f:id:iwata2052:20171225154748j:plain