ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

春の湯(足立区)

f:id:iwata2052:20180714122028j:plain

東武線「梅島」駅から徒歩15分内にある足立区公衆浴場「春の湯」に行きました。
フロント式。若旦那。帰りはご主人。
下足鍵とロッカーの鍵を交換する方式。

f:id:iwata2052:20180714122149j:plain


浴室は入口右側端に乾式サウナ(200円)
左側にスチームサウナ(無料)一人用の水風呂。立ちシャワーが。
カランは島カランあわせて24(4基以外は島カラン)シャンプーボディソープ完備。
浴槽は備長炭風呂で、バイブラ(泡風呂)、電気、超音波風呂がありました。
またラドン風呂の部屋が一緒にあり替わり湯(本日は緑茶)になっていました。
バイブラとラドン風呂の湯船上の壁がガラス張りになっていて石灰化した珊瑚が幾つか展示されていました。
壁絵は直径20cm四方のタイル20×10枚使った絵で川沿に傾斜のある橋が。そのたもとに藤棚がありその下に三人の和服を着た女性(一人は笠を被り、二人は髪に櫛を挿した昔ながらのスタイル)が話をしながら橋を渡ろうとしている様子が描かれていました。

f:id:iwata2052:20180714122258j:plain


※上記写真は「春の湯サイト」からのものです。

15時前来店したため客は少なく、ラドン風呂と水風呂交互浴で疲れを癒せました。

※春の湯詳細

お遍路番号 足立 2
住所 〒123-0851
足立区梅田3−14−9
電話番号 03-3889-4126
公式ページ
アクセス 東武伊勢崎線「梅島」駅下車、徒歩15分
休日 月曜
営業時間 14:15−24:00

f:id:iwata2052:20180714122909j:plain