ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

富士見湯(川崎市幸区)

f:id:iwata2052:20200305112418j:plain


JR川崎駅から徒歩10分位(ラゾーナ川崎プラザを突っ切ると早い)

16時頃来店。番台式。若女将。

脱衣所は織上格天井。番台近くに牛乳類の入ったガラスの冷蔵ケース。レトロ体重計。脇に長い黒ソファーあり(背もたれあるのと無いの1つづつ)。
浴室は立ちシャワー(カーテンあり)
カランは島カランあわせて26
主浴槽湯船のところに屋号の入った木製のかけ湯の桶が置いてありました。
浴槽は深湯のバイブラ、主浴槽はジェット2と電気、替わり湯(本日はローズ湯)の3槽で主浴湯船上の壁が鉱石入った格子状の排湯口になっていました。

お湯の温度は42~43度で替わり湯は40度位で長く入れ軟かなお湯でした。
ペンキ絵は、平成元年7月15日に描かれた湖と穏やかな富士山(田中みずき絵師か?)。

※富士見湯詳細

住所 〒212-0011  川崎市幸区幸町4-2
電話 044-522-1953
営業時間 15:00〜23:20 日曜日 7:00〜12:00 15:00~23:20
定休日 7日・17日・27日(日祭日の場合は翌日)

f:id:iwata2052:20200305112949j:plain