ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

つるま湯(大和市鶴間)

f:id:iwata2052:20190128111540j:plain

 


小田急片瀬江ノ島線「鶴間駅」東口から江ノ島方面に線路に沿って150m位にある公衆浴場「つるま湯」に行きました。屋号がなくひっそりと住宅街に佇む銭湯です。

まだ明るい16時半過ぎ来店。
番台式。女将。帰りは女将の娘さん。
脱衣所は番台側にドリンクが入った冷蔵ガラスケース。縁側あり。縁側にトイレ。禁煙マークあり。レトロマッサージ座椅子。木製の床と天井。男女仕切り壁に大きい鏡。
浴室にはカランが島カランあわせて21で男女仕切り壁側のみホースシャワー。あとはシャワーなし。浴槽は2つで、超音波マッサージ座湯と主浴槽のガリウム温浴泉(鉱石の入った格子あり)でお湯の温度は42~43℃で入りやすかったです。
壁絵は、平成23年12月19日に書き換えられた富士山のペンキ絵が男女仕切り壁の上から描かれ、岩礁上に生い茂った低木と松が帆舟浮かぶ湖の所々にある様子が描かれていました。またそのしたに庭園の中にある大きな池に鯉が泳いでいるタイル画(直径15センチ四方タイル使用)がありました。また男女仕切りの壁に直径1cm四方のタイル使用の絵があり中央に赤焼した尖った山脈を背景に森林に囲まれた湖に浮かぶ数羽の白鳥と畔に建つ藁葺き屋根の家や水車等麓の村の様子が描かれていました。絵の観賞と適度な湯加減でゆったり出来ました。

※つるま湯詳細

〒242-0004 神奈川県大和市鶴間1丁目8−13

鶴間駅東口から徒歩約3分 

電話:046-262-0076

営業時間:15:00~23:30

f:id:iwata2052:20190128120953j:plain