ローカル線の旅と銭湯めぐり

昭和の思いで深いローカル線や公衆浴場をめぐる

松葉浴場(川崎市百合ヶ丘)

f:id:iwata2052:20200215111543j:plain

川崎市公衆浴場「松葉浴場」13時頃来店。
小田急小田原線百合ヶ丘駅」南口から徒歩で10分位。

駅に丘とつくだけあって駅直ぐ出ると下り坂(帰りは登り)あり。
フロント式。女将。下足札と脱衣所ロッカーの鍵と交換する方式。
乗る場所が広く重厚なデジタル体重計。
丹頂鶴の彫刻絵。
男女仕切り上天井近くに大黒様の木彫りの像。
テレビ設置。ドリンク自動販売機。
浴室は、立ちシャワー3。カランは島カランあわせて36(内3基は固定シャワー無し)
有料サウナ。水風呂(4~6名)
露天風呂あるが冬の時期は閉鎖。
湯浴槽は、L字型で4つに仕切られ、電気風呂、ラドン浴槽、やや円形の普通浴、ジェット座湯3、深湯高温浴、ジェット寝湯2(水枕あり)がありました。
お湯の温度は41~42度とやや雪の降っている今日の天候としては温く感じましたが客数が5名と少なく軟水使用で柔らかく入りやすいので何回かゆっくり入ると湯上がりは汗をかくほどでした。
壁絵は直径10cm位四方のタイルを使用した絵が2つあり雪渓残るアルプス山頂近くの高山植物雷鳥のツガイが描かれていました。
もう1つは牧場でスキー場に近いのかゴンドラと牧草に放牧されているホルスタインの絵でした。
今度は露天風呂が開業してる時期に行きたいと思います。

※松葉湯詳細

住所 〒215-0011  川崎市麻生区百合丘3-3-5
電話 044-951-2683
営業時間 火~金 15:00〜23:00 土・祝日 12:00〜23:00 日曜 10:00〜23:00
定休日 毎週月曜日(祭日の場合は営業)